忍者AdMax

検索エンジンにとても強いです

ご存知でしょうか?

実を言うと、ほとんどのブログでは、トラックバックやコメント欄で表示されているリンクは、検索エンジンのクローラー(検索エンジンに表示する為の情報を日夜収集・整理しているロボットの名前です)からはリンクとして認識されていません。無視されています。

しかし『ブログアクセスアップ』は違います。トラックバックや、サイト宣伝コメント掲示板で表示されているリンクは、全て検索エンジンのクローラーにリンクとしてしっかり認識されています。

この事が一体どのような意味を持つのでしょうか?

結論から言うと『ブログアクセスアップ』であなたのブログの宣伝をすると、以前に比べて検索エンジンであなたのブログがとてもヒットしやすくなります。

しかし、他の多くのトラックバックセンターではこう上手くは行かないはずです。

なぜか?

その違いの元は「rel=”nofollow”」の一文に有ります。


ブログを運営している方なら「a href="http...」から始まる、いわゆるリンクタグはご存知だと思います。

通常、ブログのトラックバックやコメント欄で表示されているリンクには、リンクタグの末尾に自動的に「rel=”nofollow”」の一文が付加されています。(興味の有る方や、或いは半信半疑の方などは、色々なブログのコメント欄やトラックバック部分のHTMLソースを確認してみて下さい)

この一文がリンクタグに付加されると、検索エンジンのクローラーは、そのリンクをリンクとして認識せずに無視します。nofollow、という言葉の通り、リンクとしてフォローせずにそのまま通り過ぎてしまうんですね。


元々「rel=”nofollow”」はスパム対策の一環として登場しました。

トラックバックやコメントはその性質上、ブログの運営者以外の人が使用する場合がほとんどです。かつて、自分の運営しているブログ内で無差別に繰り返される宣伝行為を迷惑だと考えたブログ運営者が沢山居ました。まぁ、普通はそうですね。

この流れを経て検索エンジン側は、トラックバックやコメント欄で表示されているリンクはスパムである可能性が極めて高いので、「rel=”nofollow”」を使用して全て無視してしまった方が賢明だという判断を下した訳です。

しかし、一般的なブログならともかく、宣伝の為のトラックバックセンターで「rel=”nofollow”」が使用されていては、検索エンジン対策として全く意味が有りません。

にも関わらず、「rel=”nofollow”」が自動的に付加されてしまう事に関して何の対策も行わないまま「アクセスアップ」や「SEO対策」や「被リンク対策」を謳っているトラックバックセンターが、現状ではそこら中に溢れかえっています。

私はいくつものトラックバックセンターを周って見ながらその点に疑問を抱き、「rel=”nofollow”」の自動付加を解除したトラックバックセンターを自分で開設しようと思いました。

それがこの『ブログアクセスアップ』です。

このような理由で、他の多くのトラックバックセンターで宣伝されているブログとは違って、『ブログアクセスアップ』で宣伝されたブログは以前に比べて徐々に検索エンジンでヒットしやすくなって行きます。


<トップへ戻る>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。